Last | Next

中外合資(合作)企業を設立に送付する書類

Date: 2008-10-15 13:45 | Author: Linden Co. Ltd. | From: zhuce100.com | Read Times: 46

外国投資家は企業を興す順序

中外合資(合作)企業を設立に送付する書類

三段階:項目許可の提案書、実行性可能の報告書、契約と規定

上記に対する所要な書類は次である。

項目許可の提案書に所要な書類:

1、項目の提案書

2、元の中国管理部門の依頼

3、合作双方の意向書または覚書

4、外国投資家の資金信用の状況

5、合作双方の営業登録証明書の謄本

6、環境保全の審査意見(特別な項目)

実行性可能の報告書に所要な書類:

1、実行性可能の報告書

2、元の中国管理部門の依頼

3、合作双方の法定代表の証明書

4、合作双方の資産負債表、損益表(3年内)

5、対外経済機関が製品輸出許可書または割り当て額に対する意見。専門に審査許可の項目なら、事前に関係部門の許可をもらう。

6、銀行に借金の項目は銀行の承諾書をだす。

7、名称登記の許可通知書

8、関係部門が環境保全の審査意見       

契約と規定の審査に所要な書類:

1、企業の関係部門が契約と規定、取締役会のメンバの名簿を申請許可の報告書

2、中国の処理部門が管理機関に契約と規定、取締役会のメンバの名簿を申請許可の報告書

3、中外合資(合作)経営企業の契約書

4、中外合資(合作)経営企業の規定

5、取締役会のメンバの名簿

6、合作双方が提供する取締役会のメンバの委託書

7、合作双方の営業登録証明書

8、外国投資家の資金信用の証明書

9、工商管理部門が交付した企業名称の許可通知書

10、実行性可能の報告書とその返事

11、項目の提案書とその返事

12、物資輸入の明細書      

( 0 B )

Font Size: small middle Large | Email to friends

 

Price0

Comment

Contact us

      Contact Us for the Following business:
    • Business consultation about P.R.C
    • Business Registration Proxy(WFOE,RO,JV)
    • Visa Apply consultation and so on.